薬で治らない場合は休憩を取る

うつ病は治療でよくなります

うつ病が発症してから初期の段階では、薬を服用しながら仕事をすることができますが、症状が悪化した場合は、自分を上手くコントロールができなくなる恐れがあります。

 

うつ病が悪化すると、最終的に死を意識するおそれがあるために、まずは仕事の休暇を考えることが大切でありますが、そのためには助詞に診断書を渡すことが先決になります。

 

なぜ休職が必要なのかという理由を正しく伝えることが大切で、数日の欠陥ならともかく、長期に給食するとなれば基本的には自分の病気、つまりうつ病を隠すことなく上司につたえなくてはいけません。

 

なんの病気でどのような症状なのか、どのような治療を行っていくか予定か正確に伝えること。

 

病気を隠したり、給食ではなく退職という選択をするとあとからより精神的なダメージを受ける可能性があります。

 

もし医学的な説明を行うのが難しいと感じた場合は上司に医療機関まで同行してもらうように話をすることです。
主治医に頼むのも一つの選択肢にとどめておくこと。

 

あくまでもうつ病は一時的な症状であり、しっかりとしたケアを行えば改善することができます。そのまま放置しておくと、どんどん悪化し、改善が難しくなるおそれがあるので、上司に休暇を依頼することも大切な選択肢です。

 

そして、復帰した時に、職場環境を考慮してもらうために、上司に事情を理解してもらうのがベターになります。

 

 

健康状態については小デリケートな問題であり、うつ病は誰しも発症する病気です。無理をせずに、上司に休暇をお願いすることは、これから先の仕事や体調を考えると大切な選択肢になります。

 

 

ページの上へ