躁やうつの影響にパキシルの胴なのか?

躁とうつの治療に

双極性障害とは、躁とうつと言う両極端な気分が揺れ動くという意味があります。
躁状態になると、気が大きくなって自身に満ち溢れ、容器になりよくしゃべる。次々と新しい計画を立てる、気前がよくなる。そして時に無茶なことをする。

 

一方で、うつ状態になると、心のエネルギーを失い、楽しいことがなく、気分が沈み込み、意欲がわかず、抑うつ感に悩まされます。

 

双極性障害の治療として、薬物療法が中心で、うつや躁の症状改善とともに、再発を予防する役割があります。

 

薬は気分安定薬と否定型構成安定薬が第一選択です「うつ病」に部類されますが、SSRIのパキシルはほとんど利用されません。

 

精神科などで処方されるのは、
リチウムと非定型抗精神病薬で、「オランザピン、アリピプラゾール、クエチアピン」など。あまり進められないが、抗うつ薬の三環形うつ薬を処方するところもあるそうです。

 

抗うつ薬は、躁うつ病の場合に、躁転を起こすなど、病巣を不安定にさせる可能性が高いため積極的に処方することはないとされています。

 

最近ではまた違ったタイプで、抗てんかん薬のラモトリギンが、双極性障害のうつ病に効果的であると報告され、日本でも今後、双極性障害のうつ病の薬として認証されるかもしれないとされています。

 

それから、クエチアピンなどの否定型抗精神病薬は躁強制障害の躁病そうのみではなく、うつ病層にも効果があるといわれています。

 

 

ページの上へ