症状が落ち着いてきたら

薬はあくまでも気休め

うつ病は誰でも掛かる可能性のある病気です。精神的に辛く、眠れない日々が続いた場合、病院の精神科に相談をすることで改善が早くなります。

 

 

症状が重度の場合に治療に使われるのが薬で、一般的に抗鬱薬などが処方されるケースが多いです。

 

神経伝達物質のバランスを整える働きがあり、第一選択となるのがSSRIやSMRI、他にも酸化系抗うつ薬などが有り、国内でも利用率が高いのがパキシルです。

 

その他にも使われているのが抗不安薬で、不安や緊張感を和らげる効果があります。作用として即効性が有りますが、依存性が高いために、うつ病の症状が強い場合に処方されます。

 

不眠に悩まされる患者に利用されているのが睡眠薬です。不眠を訴える患者さんに対して処方されることが多く、不眠の種類によって薬を使われる事がありますが、抗不安薬と同じく、即効性は有りますが、依存性が強いためにどうしても眠れない人にだけに処方されます。

 

抗鬱薬や抗不安薬、睡眠薬は、精神的な症状の患者に利用される薬でありますが、あくまでも薬を服用することで、病気が完全に治るというわけではありません。

 

本人の意志が一番の改善策になるために、症状が落ち着いてきたら、精神療法を始めることになります。

 

例えばカウンセリングを受け話を聞いてもらうと、安心考えられ、心が穏やかになり、認知行動療法というネガティブになりやすい考え方や行動を修正していく治療方法を行うことにもつながります。

 

 

 

ページの上へ