早くて1ヶ月で感知するパキシル

パキシルの服用期間

パキシルの服用や治療期間についてですが、
まず、服用する患者の症状により異なってきます。

 

パキシルが処方される症状として「うつ病、うつ状態、不安障害、強制障害、不眠障害」などで、軽症から重傷まで人それぞれです。

 

そのため、薬の種類、量、服用期間もそれぞれ、人によって異なってきます。

 

比較的、軽症の場合は、薬を服用してから1ヶ月もしないうちに改善します。
私の場合ですが、約6ヶ月ほどで、完治しました。

 

しかし、うつ病の場合は1年以内に50〜60%の確率で再発するといわれています。

 

それから、うつ病だけでなく、パニック障害や不安障害などが併発している場合、どうしても症状が重くなるために、改善するために数年かかることがあります。長期間の治療、薬を飲まなくなったとしても再発の可能性を頭に入れて、経過観察を必要となります。

 

おおよその目安になりますが、3年間のうちにうつ病などの症状が再発しない場合に治ったということになるそうです。

 

 

ページの上へ