不安や緊張に抗うつ薬のパキシル

不安や緊張を治すには?

強い不安に教わらたり、毎日のように緊張することで、不眠、憂うつな症状が強くなってしまいます。
そのため、そのままにするのではなく「治す」ことを意識し心がけることが大切になります。

 

そもそも”不安、緊張”という症状は、今までその人の”性格”だと思われていました。しかし、医学の進歩により、早期発見、早期治療をおこなえば治療改善ができることがわかっています。

 

不安に適用されている薬がSSRIのパキシルなどで、「不安、緊張、恐怖、うつ状態、不眠」などをコントロールすることができます。

 

そして、様々な成功体験を重ね、少しずつ自分に自信をつけることで、薬の服用を卒業し、不安を改善することが可能となっています。

 

不安にも色々な程度があり、人それぞれ症状が異なると思います。
パキシルなどの薬の使用は慎重であるべきだと思いますが、生活に支障が生じているようであれば、早期に治療を受けることで、素早い判断により、早期に感知することができます。

 

多くの患者は20〜30代になり、社会的対応がどうしても必要になり、自分の不安、緊張体質に直面して困難が続いてしまいます。

 

自分の中で、病気という意識はなく、困っているときに不安が強くなりますが、治療の仕方によって、症状が改善し治っていきます。

 

薬を服用することに抵抗のある人もいると思いますが、一定の期間の薬の力を借りるだけですので、心を安定させるセロトニンのバランスを回復させ、成功体験を積み重ねて自信を定着させると、好循環となってその人の本来の能力が発揮されていくわけです。

 

根気強く治療を続けると脳内物質のバランスが正常に戻り落ち着いて、生活ができる、そして自信をもって何事にも取り組むことができ、最終的に薬から粗糖行することができるわけです。

 

 

ページの上へ