途中に止めるとどうなるのか?

パキシルの中断症状?

抗うつ薬を途中でやめたりすることで起こる症状を「中断症状」と言います。この中断症状により、副作用が起こると聞きますが、パキシルも途中でやめると起こるのか?

 

実際の所、SSRIを途中で中断しても特有な副作用は起こりにくいとされています。ただ、一昔前の三環形抗うつ薬が主流だったころに、中断症状により、副作用が起こっていたそうですが、日常的に問題にされることは多くなかったそうです。

 

しかし、2000年に入り、パキシルが発売されてからは、中断症状の報告が目立つようになり、それがきっかけ
で様々な副作用が起こりやすくなっているそうです。

 

現在のところ、はっきりとした原因まだわかっていないそうですが、一番の要因として、途中で中断することで、増加していたセロトニンが生理機能調節に必要なセロトニン量を確保できなくなり、一過性のセロトニン欠乏状態により、副作用が起こってしまうとのことです。

 

そのため中断症状により、
めまい、ふらつき、吐き気、頭痛、筋肉痛
など副作用が起こってしまいます。

 

では、このパキシルの服用を中断し起こる副作用の対応についてですが、症状の多くは軽度で、約2週間以内に自然消滅し、特別な処置は必要ないそうです。

 

 

ページの上へ