パキシルの効果について

セロトニントランスポーターを合成

抗うつ薬であるパキシル、そもそもどうしてうつ病に効果があるのでしょうか?

 

まず、うつ病の原因について少し説明をしてきたいと思います。
今の段階で、うつ病のハッキリとした原因はまだわかっていません。

 

しかし、有力な仮説として、脳内の神経伝達であるモノアミン仮説があり、この説として、うつ病では脳内で、モノアミン神経伝達物質(セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミン)が、正常よりも不足することで、機能不全になり、発症するとされています。

 

したがって、うつ病の治療のために、この不足を補うために利用されるわけです。

 

そのために、基本的に抗うつ薬(SSRI、SNRI、NDRI、三環形、四環系)はモノアミンであるセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンのいずれかに作用することになっています。

 

このなかで、パキシルはSSRIに部類され、効果としては選択的セロトニン再取り込み阻害薬として役割をはたしてくれます。

 

作用として、セロトニントランスポーター(再取り込み部位)によってセロトニン神経に取り込まれ、セロトニンの合成に再度利用されます。

 

パキシルはこのセロトニントランスぽーたに結合して、セロトニンの再取り込み阻害し、この結果として、シナプスの隙間を開けて、量を増やしてくれるわけです。

 

すると、やる気や意欲が高まり、うつ病や不安などを改善してくれるわけです。

 

 

ページの上へ