性格は治らないと決めつけないこと

性格だからとあきらめないこと

うつ病の怖い症状として、不安や不眠などを感じてしまい、しだいに何もできない、意欲がわかなくなることです。このような症状を放置すると、どんどんと悪化してしまいます。

 

しかし、最近の調査によると、脳の内部で何が起こっているのかが鮮明にわかるようになり、うつ病など、精神的な病気に対して、上手に薬(抗うつ薬)を服用することで、症状を改善し問題を解決することにつながります。

 

そのために、大変苦痛を感じ、自分の行動に規制をしてしまっている状態なら、一刻も早く、病院や抗うつ薬を利用し、改善を図ることが大切になります。

 

自分の性格として、人と話すことが苦手で、先々のことを考えるとどうしても不安になってしまう。このような性格を克服し、成功体験を積み重ねていくには、それが「性格だ」とあきらめないことが重要です。

 

うつ病特有の不安や不眠をそのままにしておくと、次第に症状が拡大し、人間関係がうまく起こらないという問題もついて回ります。そして、意識すればするほど、緊張や恐怖を感じる悪循環になって、そうした場を回避するようになります。

 

人生の貴重なチャンスを失わないために、病院や専用の治療を行うことが重要になります。

 

 

ページの上へ