パキシルジェネリックを個人輸入販売で購入

パキシルジェネリック個人輸入で購入

うつ病を改善するSSRIのパキシル

うつな気分をやわらげ、意欲を高めてくれる抗うつ薬「パキシル」。
cb8b25ea1612d128e06186a487ca2c65_s.jpg
私がパキシルを服用するようになったのは、あじわったことがないような「不安、恐怖、絶望、疲労、自己否定」などを感じるようになったからです。

 

体は全身が鉛でできたように重く、一日中布団に身を寄せ、同じような嫌な考えを何度も繰り返していました。
「自分は何のために生まれているのか、、、?」
「本当に存在する価値はるのか、、、?」
「本当にしたいことが見つからない、、、」

 

大学を卒業してから、ろくに就職活動もせず、自分が何をしたいのかを模索し、結果的に何もしていないために、悲惨な毎日を送っていましたた。
hisanamainiti.png

 

すると、次第にやる気や意欲が低下し、うつ病になっていたわけです。

 

そこで本能的に、自分の危険を感じ、このままではいけないと思い、うつ病の改善薬としてパキシルの処方を始めたわけです。

 

パキシルの詳細・注文について>>>

 

 

ナメラカに効き始めるパキシル

そもそも、どうして「不安、恐怖、絶望、疲労、自己否定」などの症状が起こるのか?

 

この原因として「ストレス、疲労、年齢、環境」が関係し、脳内の神経伝達物質に異変が起こるからです。
iehna.png

 

神経伝達内にセロトニンという物質が存在し、正常よりも不足することで、不安を感じやすく、意欲の低下などが起こり、眠れなくなります。

 

これが原因でうつ病の発症率が高くなってしまいます。

 

そこで、パキシルを服用します。
パキシルは、このセロトニンの量を調節している、セロトニントランスポーターの働きを邪魔します。
fusegu.png
これにより、セロトニンが増えてくれるため、神経伝達が活発になり、結果として憂うつ状態が改善され、気分が楽になり、うつ病を改善してくれます。

 

パキシルは、抗うつ薬のSSRIに部類され、特徴的なのが、セロトニントランスポータにだけ結合すること。つまり、そのほかの受容体には、ほとんど作用しないため、従来のSSRIと違い「口の渇き、便秘、心毒性」などの副作用が少ないとされています。

 

うつ病などに悩み、パキシルを利用している患者により、効果は異なるとは思いますが、個人的に、服用し感じるのが、非常にナメラカに効き始め、効いてくると心が安定し、穏やかになり、それでいて意外と即効性があります。

 

いままで私は、パキシル(春〜夏)、セロゼット(秋〜冬)の2種類を使っていました。
この2つの抗うつ剤は、名前が違うだけで同じ成分パロキセチンが含まれていです。
※米国でパキシル、ヨーロッパでセロゼットが販売されています
2syurui.jpg

 

結果として私が感じたのは、圧倒的にパキシルの方が効果的と感じています。

 

これはセロゼットより、パキシルの方が効果が強いというわけでなく、私のうつ症状が”秋〜冬”に悪化するため、同じ成分の薬を同じように服用しても、違う結果が出たのだと思います。

 

パキシルのような効き方は、その時の「精神状態、環境、体調」により大きく異なるということになります。

 

パキシルを個人輸入販売店で購入

パキシルの購入について、
私は最初、毎回のように病院に通院し、パキシルの処方を受けていました。
uketuke.jpg

 

しかし、長期の治療によりコスト面の負担が大きいため、現在はインターネットを使い、個人輸入の販売店でパキシルを購入しています。
pasokon.jpg

 

個人輸入の販売店を利用することで、病院で処方を受けるより「薬価が安く、手軽に購入」することができます。

 

パキシルを服用するとき、1日1回夕食後に「パロキセチン10mg」を1週間ほど服用し、症状の様子を見ながら、20mgに増量します。

 

今まで病院から処方を受けていたパキシルの薬価はかなり高額です。

購入

医薬品

用量

薬価

病院 パキシル 10mg 100.5円
病院 パキシル 20mg 175.3円

 

薬代だけでもかなりコストが掛かるのですが、それだけでなく、病院に通院するまでの”移動費”、それから”検査代”など、様々な部分にお金が掛かっていました。

 

それに比べ現在、私が利用している個人輸入販売店は薬価が安いです。

販売

医薬品

用量

薬価

個人輸入

パキシル
(ジェネリック)

20mg 60〜80円
個人輸入

パキシル
(ジェネリック)

40mg 90〜100円

 

個人輸入という方法をとれば、病院からの処方せんは必要なく、薬価を安く購入でき、手間・時間をかけずにパキシルを購入することができます。それから、個人輸入の販売店によりますが、送料や手数料など無料で利用することができます。

 

ただし、インターネットによる医薬品個人輸入を利用する場合はあくまでも最終手段と考えるべきです。どうしても病院に通院ができない場合や金銭的に問題があるときに、最終手段として利用することを勧めます。

 

パキシルはデリケートなお薬なので、服用量や使い方を間違えると、リスクが高くなる恐れがあります。そのため、まず専門の医師に相談すること、そうすることでうつ病を和らげることにつながります。

 

 

パキシル個人輸入販売店

パロキセチン20mg

数 量

薬 価

1個の薬価

個人輸入

1箱30錠 2,000〜円 60円

 

注文はこちら>>>

2箱30錠×2 3,600〜円 80円

 

パロキセチン40mg

数 量

薬 価

一錠の価格

個人輸入

1箱30錠 2,600〜円 90〜100円 注文はこちら>>>

 

 

ページの上へ